2月も気づけば。

もう終わりですね。

 

飲食店や美容・理容はたまた小売販売店まで2月が一番閑散期になるんじゃないでしょうか?

 

例にも漏れずウチも毎年、暇になる時期ですね。

 

かと言って全くお客様も来ない訳ではないので仕込みや仕入れに物凄く気を遣う月でもあるんです。

 

基本、生ものを扱うんで当り前の様に取り過ぎれば腐るし、取らなければ品切れになってお客様に迷惑をかけてしまう訳で・・・。

 

飲食を始めてはや10数年経ちますがいつまでたっても慣れないし読めないですね。

 

でもまぁこれだけやってればそれをリカバリー出来るだけの度量もつくもんで。

 

基本的にはお客様に全くお出し出来ないって事はないんですけどね。

 

しかしながら閑散期ってのは慣れないもんで、分かってはいるものの気持ちが焦ってしまうんですよね。

 

まだまだ修行が足りないですね。

 

しかもこの時期は決算の報告書が出来上がるので昨年の自分の評価、いわゆる学生の時の通知表を先生に渡された時のような気分になります。

 

基本、難しい事に頭を使いたく無い人間何で飲食を始めたのにこの時だけは学生気分を味わうことになります。

 

しかも、学生ならば成績が悪くても親や先生に怒られるだけですが。僕の場合は生活が懸かってますんでね。

 

極端に下がればやはりそのツケは自分に回ってくるわけで。気持ちのいいもんではない事はたしかですよね。

 

まぁ今回も昨年と変わらず横バイなのでスッと胸の痞えが取れた様に楽にはなりましたが、ウカウカもしていられません。

 

2016年はもう始まっている訳ですし。戦いの火蓋は切って落とされている訳です。

 

今年も1年自分との戦いが始まる訳です。

 

これは自営業の大小にかかわらず全ての経営者が闘って居る事でしょう。

 

経営者にはこんな言葉が良く使われます。

 

「経営者は常にひとりぼっち。」

 

確かにその通りだと思います。

顔では心配させぬようみんなの前で笑って家に帰っても休むことなく自分の仕事をこなす。

 

誰かに指図されることも無いのでやりたくなければやらなきゃいい。

 

基本的に自分の事以外に従業員や仕事の事、最終的な決定権はすべて自分に委ねられる訳ですから常日頃から想定して準備をしていなければならないんですよね。

 

意外と自由なんて無いんです。

 

でもまぁ自分の始めた事ですから辞めたきゃ辞めればいいし。

 

続かせたいならやるしかないんですよね。

 

面白いもんです。最近、僕もやっとそう思えるようになってきました。

 

これがいい事なのか悪い事なのか分かりませんけど。

 

今日来た大学生のお客さんと就職について喋っててこんな事を考えてしまいました。

 

隣の芝生は良く見える。

 

良く言ったもんです。

 

では聞いてください。

ライムスターで「隣の芝生にホールインワン」

 

Local Kitchen

電話番号:0779-64-5854

Lunch:11:00~14:30 (ラストオーダー 14:00)Dinner:18:00~24:00 (ラストオーダー 23:30)